お問合せはこちら

製品情報

PRODUCTS

新商品New Products

マッスルスーツ

  • マッスルスーツが誕生したのは2001年、東京理科大学の小林研究室にて開発された。
  • 産業ロボットと違って、人間の作業を補助する装着型ロボットである。
  • 2001年から現在までの14年間は試行錯誤の連続だったが、2015年4月から本格的な量産体制に入る。
  • モータではなく、非常に強い力で収縮する、空気圧式の人工筋肉を使用しています。

デモンストレーションは無料で対応致します。

McKibben型人工筋肉

McKibben型人工筋肉

ゴムチューブを筒状のナイロンメッシュで包んで両端をかしめた構造で、ゴムチューブへの圧縮空気注入に伴うゴムチューブ膨張が、ナイロンメッシュにより長さ方向の収縮を伴う強い引っ張り力に変換されます。マッスルスーツで使用している人工筋肉は、通常時直径1.5インチ130g、5気圧で最大200kgfの引張力を発生します。標準モデルでは4本、軽補助モデルでは2本使用しています。

腰補助 動作原理

腰補助 動作原理

背中フレームは、腿フレーム上部の「回転軸」周りに回転できる構造です。
人工筋肉の一端は背中フレーム上部に固定され、他端にはワイヤが取り付けられています。
ワイヤの他端は腿フレームの回転軸周りに設置されたプーリーに固定されています。

人工筋肉収縮により腿フレームに固定されたワイヤが引っ張られ、①のように背中フレームが「回転軸」周りに回転し、上半身を起こします。その反力は、腿フレームを②のように回転させるので、腿パッドによりその回転を抑えます。どのような姿勢、脚角度でもご利用いただけます。

muscle_img15 muscle_img15 muscle_img15 muscle_img15 muscle_img15 muscle_img15
肩パット、腰パット、腿パットの適正な位置の装着で、
確かな補助力が実感できます。
補助力は空気入れで
簡単セルフコントロール!
  • 利用イメージ
  • 利用イメージ2

ラインナップ

本仕様は機能向上のため、予告なしに変更される場合がございます

モデル 標準モデル 軽補助モデル スタンドアローン 新型スタンドアローンモデル
タイプ タンク式
タンク式
外部供給式
外部供給式
タンク式
タンク式
外部供給式
外部供給式
タイトフィット/ソフトフィット
タイトフィット/ソフトフィット
ソフトフィット/タイトフィット

ソフトフィット/タイトフィット
仕様 最大補助トルク 140Nm 100Nm 100Nm 100Nm
最大補助力*1 35.7kgf 25.5kgf 25.5kgf 25.5kgf
重量*2 8.1kg 6.6kg 6.7kg 5.2kg 4.85kg 4.85kg未満
コンプレッサー供給圧 4.4MPa*3 0.8MPa*4 4.4MPa*3 0.8MPa*4 手動式空気入れ 手動式空気入れ 改良版
スイッチ 呼気 呼気 / タッチ 呼気 呼気 / タッチ - -
サイズ フリー(F) 適用身長 160~185cm
スモール(S) 適用身長 150~165cm
カバー ブルー(F) ピンク(S)
ブルー(F)/ピンク(S)
ネイビー
ネイビー
ブルー(F) ピンク(S)
ブルー(F)/ピンク(S)
ネイビー
ネイビー
紺
4色カラーバリエーション
4色カラーバリエーション
  • 持上げる対象物が腰から0.4m離れた位置で測定した場合の最大補助力。
  • カバー、ホースを含まない本体重量(Fサイズ) Sサイズは約300g減。
  • タンクタイプをご使用する場合は、「高圧ガス製造事業届」が必要。また、タンクの容量は1.5L(重量1.5kg)であり補助回数は15~20回程度。
  • 本体に必要な最低空気圧力は0.5MPaであり、速い動作速度を求める場合は高い圧力が必要になります。0.8MPaを推奨します。

お問い合わせ

ニーズに合わせた最適なご提案を致します

お電話でのお問い合わせ(平日 9:00 ~ 17:20 受付中)

06-6341-8751

メールでのお問い合わせ(24時間受付中)

お問い合わせフォームはこちら